捻挫ガイド TOP → 骨折 部位による分類

部位による分類

骨折は部位によっても分類され、それぞれ「骨幹部骨折」「骨端部骨折」「関節骨折」という風に呼称されます。骨幹部骨折とは骨の中央付近における骨折を指します。骨端部骨折とは骨の端部における骨折を指します。関節骨折とは関節部における骨折を指すもので、典型例として脱臼骨折などが挙げられます。

脱臼骨折などといった関節骨折は処置を間違えるとクセになりやすく、再発のケースが多々見受けられます。自分で脱臼した箇所に骨を入れ直そうとするのは最たる愚行といっても過言ではなく、神経などがきちんと繋がらなくなって後遺症が起こる可能性もあるため、素直に医師の手に委ねるのが賢明といえます。というよりも、どの部位が骨折したとしても、迅速に病院へかかるのが一番良いでしょう。素人に骨折を治療することは不可能であると考えたほうが無難です。

この「部位による分類」も含め、「開放性による分類」「骨折の程度による分類」「原因による分類」といった多くの要素を考慮に入れ、骨折の程度を測るのが一般的です。特にこの「部位による分類」は治療においての基盤として認識していなければならず、医師からしてみればこの確認を怠ることは決して出来ないものでしょう。何はともあれ、思いがけず骨折してしまった場合は、出来るだけ早めに医者の診断を受けるのが賢明です。決して無理はしないよう、素人が自分で治療するようなことは止めておきましょう。十中八九、症状が悪化してしまうのが目に見えています。


骨折



ウェディングドレスのレンタルを格安で
http://www.ozoz.co.jp/

事務服 ブラウス
事務服のブラウスなら創業57年実績多数のe-UNIFORMで!