捻挫ガイド TOP → 腰痛とぎっくり腰 疲労性腰痛

疲労性腰痛

疲労性腰痛が起こる原因は、ずっと立ちっぱなしの状態を継続しなければならない仕事や、長時間のデスクワークによって腰部に負担をかける際に起こるとされています。他にも荷物を運搬する際などに足腰を使う場合や、サッカーなど激しいスポーツを行って腰に負担をかけ続けることによって発症する慢性疲労が原因になることもあります。慢性疲労以外にも、大晦日の大掃除や引越し、他にも運動会などというように、滅多に行うことのない動作をして腰に負担をかけると、耐え切れなくなった腰部が急に悲鳴を上げ始める急性疲労などといった原因が発生することもあります。

慢性疲労が原因で起こった腰痛を改善するには、どういった状況で腰痛になってしまうのかをよく把握しなければなりません。例えばデスクワークで座りっぱなしの状態を維持しているのが原因だと判っていれば、たまに姿勢を動かしたりするなどといった対策が取れるからです。しかし原因が判らなければ、対策を立てることも困難になります。自分がどういう時に腰痛を感じるのかなど、把握しておくようにしましょう。

急性疲労が原因で起こった腰痛を改善するには、まず発症後は安静にすることが大事です。湿布などを貼っておけば、割と短時間で回復するのが急性疲労の特徴です。しかし回復前に運動を再開するのは厳禁です。腰痛が残っているのに無理な運動をしてしまうと、慢性的に腰痛が発症してしまうようになるからです。回復するまでは出来るだけ安静にしておくのが賢明でしょう。


腰痛とぎっくり腰



五反田 透析
五反田で透析なら五反田ガーデンクリニック!

コンプラビン 副作用
コンプラビンの副作用なら医療関係者向けの製品情報サイトで!